歯周病に効く歯磨き粉!どんなものを選べばいいの?その効果の秘密!

 

 

歯周病に効く歯磨き粉として世の中に出回っている歯磨き粉は数多くありますが、その中にはやはり効果が今ひとつなものがあるのも確かなこと。

 

本当に歯周病に効く歯磨き粉を選ぶためには、まずは歯周病の原因とその予防方法を知っておかなければなりません。

 

 

歯周病とは簡単にいえば
歯と歯ぐきの間(歯周ポケットと呼びます)にたまった食べカスなどに細菌が繁殖し、その細菌が出す毒素によっておこるもの
だといえます。

 

普段、どんなに丁寧な歯磨きを行っても100%食べカスを落とすことは難しいもの。
だからこそ多くの人が歯周病に悩み、その割合は成人日本人の80%だといわれています。

 

 

つまり、歯周病に効く歯磨き粉を選ぶポイントとしては

  • きちんとした殺菌効果をもつもの(歯周病のケア)
  • 抗菌効果をもつもの(歯周病の予防)

この2つをしっかり抑えているかどうかといえるでしょう。

 

 

このサイトでは数多くの歯磨き粉の中から、特に殺菌・抗菌効果の高い歯磨き粉を選び、ランキングにしてみました。

 

歯周病に悩んでいる人がいたらぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

 

歯周病に効く歯磨き粉ランキング!歯周病対策に選ぶ歯磨き粉はこれ!

プロポデンタルEXの特徴

プロポリス健康増進会から発売されている歯周病専用歯磨き粉。

歯周病の原因となる細菌に対して殺菌・抗菌効果のあるプロポリスを配合した歯磨き粉。

プロポリスの殺菌・抗菌効果は以前から海外で高く評価されていて、日本国内での販売を行うために3年以上に渡る歯科医との共同研究、300回以上の臨床試験を行い開発されたもの。

価格 1,500円
評価 評価5
プロポデンタルEXの総評

歯周病に対する効果や評判もとても高く、500万本の販売実績を誇り、歯周病に悩む人はまず試しておきたい歯磨き粉だといえるでしょう。

オーラパールの特徴

全薬販売株式会社から発売されている、歯周病を含むオーラルケア用歯磨き粉。

歯周病の原因となる細菌に対して殺菌成分塩化のあるセチルピリジウム、イソプロピルメチルフェノールなどを配合。

上記成分以外にもハイドロキシアパタイトなど、9つの有効成分を同時に配合し、歯周病予防だけでなく、歯の黄ばみや口臭といったトータルオーラルケアに効果的だと評価を受けている歯磨き粉です。

価格 1,944円円
評価 評価4.5
オーラパールの総評

風邪薬「ジキニン」で有名な全薬工業が開発したことからも、信頼性を得ています。

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

株式会社やまちやから販売されている自然派原料が特徴の歯磨き粉。

歯周病の原因となる細菌に対してなたまめ、柿渋それぞれに含まれている「カナニバン」、「カキタンニン」といった成分がアプローチしてくれます。

カナバニン、カキタンニン、それぞれの成分にプラスしてサンゴや貝殻などの天然由来の研磨剤も配合されており、歯の黄ばみに対しても配慮。

価格 1,700円
評価 評価4
なたまめ柿渋歯磨きの総評

配合成分のほとんどが自然派原料という部分から、高齢者を中心に人気を集めている歯磨き粉です。

 

以上、歯周病に効く歯磨き粉ランキングでした。

 

 

放置は絶対ダメ!歯周病ケアは症状が軽いうちに行うのが肝心です!

 

日本人の成人の80%が歯周病を発症している

 

こんなデータも出てきてしまうくらい、歯周病は日本人にとって国民病となっています。

 

  • 歯ぐきが赤く、ブヨブヨと腫れている。
  • 歯磨きをすると出血してしまう。
  • 口臭がある、気になる。

こうしたまだ比較的軽い症状から

 

  • 歯ぐきがやせ細り、歯の根元がむき出しに。
  • 歯がグラグラし、抜け落ちそう/抜け落ちた。

といった重度な症状まで、歯周病は決して軽くみていい病気ではありません。

 

末期症状となってしまった歯周病を放置することで口内で繁殖した細菌が体内に侵入し、冠状動脈性心疾患などさらに重篤な病気を引き起こすケースも確認されています。

 

 

また、重度な歯周病となってしまうと歯磨きなどでは対応できず、歯科医院などでの治療が必要となり、多くのお金や時間がかかってしまうことに。

 

歯周病はまだ症状が軽い段階で、しっかりとケアを行うことこそが何より大切なのです。

 

 

歯周病を予防するのに普通の歯磨きだけではダメなのか?

 

歯周病の原因が口内に残ってしまった食べカスで繁殖した細菌なら、通常の歯磨きをしっかりとするだけでもいいのではないか?

 

そういった疑問を持っている人もいらっしゃるかもしれません。

 

 

大げさにいってしまえば、答えはNOです。

 

 

俗に歯周病菌と呼ばれるのは、アクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)プロフィロモナス・ジンジバリス(P.G菌)プレボテーラ・インテルメディア(P.I菌)スピロヘータなど。

 

これらの菌は粘着力や繁殖力が強く、通常の歯磨きではどうしても磨き残しがでてしまったりと、除去しきれない事態がでてしまいます。

 

さらに、歯周病菌の繁殖は口内環境にもよって大きく変わり、口内環境は睡眠不足やストレス、慢性的な疲労など、生活環境から大きな影響を受けてしまいます。
だからこそ、昨今の日本では国民病と呼ばれるほど多くの人が歯周病で悩むことになっているともいえるでしょう。

 

 

もちろん、通常の歯磨きだけで歯周病にかからず一生を過ごされる人もいらっしゃいますが、少しでも自分の口内に不安がある人は、早めのケアを心がけることが何より大切だといえるでしょう。

 

 

今の段階で歯周病の症状に悩んでいる人は、歯周病の原因である細菌の繁殖を抑える殺菌・抗菌に優れた歯周病に効く歯磨き粉を1度チェックしてみるといいかもしれませんね

 

 

更新履歴